教育ローンが借りれないケース

大学などへの進学のために教育ローンの借り入れをしたいとお考えの方は多いかと思いますが、
教育ローンというのも当然返済をする必要があるわけであって、国にしろ金融機関にしろ返済のあてがない様な人だと貸してくれないわけです。
ですから、申し込めばだれでも借りられるとは限らず、借りれないというケースもあり得るわけですね。
借りれないケースとして考えられるのはやはりまず収入が少なすぎるというケース。
基本的には収入が少ないからこそ教育ローンを借りて子供を進学させたいということなわけですが、
あまりに収入が少ないようだと借りたローンの返済ができないので、借りれないということになります。
収入の条件は金融機関によって異なりますが、だいたい年収150万円以上あれば借りられるところが多いでしょう。
逆に国の教育ローンの場合だと年収が多すぎると借りれないというケースがあります。
国のローンはあくまでも収入が少なくて困っている方の助けとなるローンということなわけですから、
一定以上の年収があるような方の場合はその必要がないということで条件外となってしまいます。
また、他に借金がある方であったり過去に金融事故などがある方の場合も借りれない可能性がありますね。

SponsoredLink
カテゴリー: コラム | タグ: , , , , | 教育ローンが借りれないケース はコメントを受け付けていません。

山梨中央銀行の教育ローンについて

山梨中央銀行で教育ローンの借り入れを検討しているという方もいるかと思いますが、
山梨中央銀行の教育ローンには二種類ありますのでどちらを選ぶか検討する必要があります。
山梨中央銀行が扱っている教育ローンは「証書貸付型」のものと「当座貸越型」の二種類となります。
それぞれで条件が異なりますので良く確認しておきましょう。
まず証書貸付型の方ですが、こちらは幼稚園から大学までの各種学校などの学費として利用することができ、
融資金額は最大1,000万円までとなっています。
融資機関は元金返済据え置き無しの場合で7年以内、ありの場合だと13年6ヶ月以内となります。
金利タイプは変動金利か固定金利のどちらかを選択可能となっており、返済方法は元利均等毎月返済のみとなります。
一方の当座貸越型の場合だと利用できるのは大学、短大、各種専修学校等のみとなり、
融資金額は最大で500万円までとなっています。
融資機関は最長で14年6ヶ月となります。
金利タイプは変動金利型のみとなっているので固定金利は選択できません。
返済方法は据置期間中は毎月利息のみの支払いで、据え置き期間終了後は元利均等毎月返済となります。
それぞれの条件のどちらが良いかよく検討しましょう。

SponsoredLink
カテゴリー: 金融機関・銀行 | タグ: , , , , | 山梨中央銀行の教育ローンについて はコメントを受け付けていません。

教育ローンの繰上げ返済について

教育ローンを利用して大学などの学費を払っていたという方で、現在返済をしているという方も多いかと思います。
国の教育ローンや金融機関の教育ローンなどいろいろとありますが、どこの教育ローンであっても毎月返済していく金額というのはそれぞれ借りている方ごとに決まっていますよね。
ですが、もし資金に余裕があるのであれば繰り上げ返済をすることをオススメします。
毎月の返済以上にお金に余裕があれば繰り上げ返済をすることによって元金を早く減らすことが可能になります。
教育ローンには言うまでもなく利息がついてくるわけですから、返済期間が長くなればなるほどその分利息も大きくなるわけですよね。
ですから返済期間を短縮することができればそれだけ支払うことになる利息も小さくすることができます。
繰り上げ返済を行うことによって元金を早く減らせるわけですから、返済期間が短くなり支払うことになる総額も圧縮することができます。
借り入れしている金融機関によっては繰上げ返済は一括のみなんていう条件のところもあるので、利用する前に必ず確認しておきましょう。
また、繰上げ返済をしたことによって翌月の返済が苦しくなったなんていうことではいけませんから、
あくまでも余裕がある時に、そしてよく考えてから返済しましょう。

SponsoredLink
カテゴリー: 返済・完済・借り換え | タグ: , , , , | 教育ローンの繰上げ返済について はコメントを受け付けていません。

学生が借りる教育ローン?

大学などに進学するための資金がないということで、国やお金に借りるという方が増えているようですが、
そうなった時に借りる方法というと奨学金や教育ローンというものが思い浮かぶかと思います。
同じようなものというイメージもありますが、この奨学金と教育ローンというのはどういった違いがあるのでしょうか。
基本的に奨学金というのは学生が借りるものであり、教育ローンは親など保護者が借りるものとなっています。
学生が借りる奨学金は大学などを卒業後に就職して自分で返していくことになり、
教育ローンの場合は親が借りて親が返済していくということになりますね。
そして教育ローンというのは学生が借りることはできないようになっています。
一見同じように見えますがこのような違いがあるわけですね。
そこで、例えば社会人の方が会社を辞めて大学に通いたいなんていうことになった場合、
学生本人が借りるということになると借りられない可能性があります。
例えば国の教育ローンの場合は学生やアルバイトの方などは借りることができないようになっているので、このようなケースでは借りられないということになります。
銀行などの金融機関の場合であれば前年の年収など一定の条件をクリアすれば利用できる場合もあります。

カテゴリー: コラム | タグ: , , , , | 学生が借りる教育ローン? はコメントを受け付けていません。

英会話のために教育ローンを利用したい

教育ローンというと一般的には高校や大学などの入学金や授業料などのために利用するという方が多いかと思いますが、
必ずしもそういった用途だけとは限りません。
例えば社会人の方なんかでも英会話を習いたいというような方は多いかと思います。
仕事上どうしても英会話を習得する必要があるという方もいれば、趣味のためという方もいるでしょう。
そういった時にその英会話スクールなどに通うための資金として教育ローンを利用するということもできるわけですね。
英会話教室などに通うのも継続してということになれば結構な金額になりますから、今すぐ払うことはできないけれど、
ローンを利用すれば、という方も多いでしょう。
もちろん教育ローンはローンですから金利がついてくるので最終的に支払う金額は多くなりますが、
今すぐ資金を用意できなくても学び始めることができるというのは良いですよね。
もちろん金融機関などが提供している教育ローンの全てが英会話教室などの授業料として利用できるとは限りません。
中には大学などの費用に限られていることもあるかもしれませんから、そういった用途に使うことができるかは事前に確認しておく必要がありますね。
利用できれば一般的なフリーローンなどよりは金利的にも負担が少ないでしょう。

カテゴリー: コラム | タグ: , , , , | 英会話のために教育ローンを利用したい はコメントを受け付けていません。