国の教育ローン、郵貯貸付

進学のための資金を自力で用意するのが難しいということになれば教育ローンに頼るという選択肢もあるかと思います。
教育ローンというのは当然ローンですから金利がついてくるわけですよね。
少しでも負担を少なくしたいなら低金利な教育ローンである国のローンを利用するのが一番ということになるかと思います。
国の教育ローンにもいくつか種類があってその中に郵便局が取り扱っている郵貯貸付というものがあります。
郵貯貸付は全国にあるゆうちょ銀行などで扱われているローンのことですね。
郵貯貸付は国の教育ローンの一種ということですから一般的な銀行などのローンと比較すると金利が低めというのがポイントになります。
ただ、一般的な銀行の教育ローンというと限度額が500万円程度というのが多いのですが、
この郵貯貸付の場合はお子様一人につき限度額が200万円までとなっているので資金が足りないという可能性もあるかもしれません。
また、このローンを利用するためには教育積立郵便貯金の預金をしていなければいけません。
そして借り入れすることができるのもこの教育積立郵便貯金で積み立てている金額が限度となります。
そう考えると他のローンと同じように利用するのは難しいかもしれませんね。

カテゴリー: 教育機関・施設 | タグ: , , , , | コメントは受け付けていません。

教育ローンを無金利で借りたい

お子様の教育費用でお悩みのご家庭もたくさんあるかと思いますが、
それでもやはりなんとか子供には満足いく教育を受けさせたいというのがどんな親でも考えることでしょう。
そうなると進学のための費用はどこかから借りるということになりますよね。
教育ローンというのはそういった時のために国やあるいは銀行などから借りることができる教育のためのローンとなっています。
ですが教育ローンも教育のためとは言え、ローンですから当然金利がかかり利息がつくわけですね。
お金に困っているのに利息が付くのは苦しいので無金利の教育ローンってないの?という方もいるかもしれません。
しかし無金利の教育ローンというのはまずありません。
国の教育ローンである教育一般貸付ですら金利がつきますし、ましてや銀行などが無金利で貸してくれるわけがありませんね。
そうなると無金利で教育費用を借りるためには奨学金ということになります。
勘違いしてはいけないのは奨学金とはいっても基本的には無金利ではありません。
一定の条件を満たした場合は金利がつかなかったり、あるいは返済そのものを免除されるということもあります。
ですが普通に考えれば金利無しでそう簡単には借りられないということは肝に銘じておきましょう。

カテゴリー: 申込・審査 | タグ: , , , , | コメントは受け付けていません。

保証人不要の教育ローンについて

お子様の大学進学などの際の費用として教育ローンの利用を検討しているという方の中には、
保証人を用意するのが難しいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
教育ローンと言ってもいろいろですが、やはり金利などの面から考えて国の教育ローンを利用したいという方は多いかと思います。
しかし国の教育ローンである日本政策金融公庫の教育一般貸付では保証人を必要としますので、
保証人が用意できないとなると利用することができませんよね。
そうなると保証人不要の教育ローンを探さなければいけないということになります。
国のローンというのは難しかったとしても銀行など金融機関のローンであれば保証人不要というローンも多々あります。
そういった場合は保証人不要の代わりに保証会社の保証が付くということになります。
利用する金融機関にもよりますが、保証料がある程度かかるという場合もあればそういったものはかからないということもあるでしょう。
保証人が用意できて日本政策金融公庫の教育一般貸付が借りられれば良いですが、
どうしても保証人が用意できないということであれば、銀行などの保証人が不要な教育ローンを利用するという選択肢でも良いでしょう。

カテゴリー: コラム | タグ: , , , , | コメントは受け付けていません。

分割融資型の教育ローンとは

高校や大学進学のための資金として借り入れをすることができる目的別ローンである「教育ローン」
この教育ローンを扱っている金融機関はたくさんありますが、金融機関によってその内容というのももちろんことなります。
いろんなタイプの教育ローンがあるわけですが、例えば分割融資型というのもその一つです。
分割融資型の教育ローンというのはその名の通り融資を複数回に分けて分割して融資をするというタイプのローンになります。
入学時に一括して融資をするなどではなく、在学中の必要な時などに分割して融資を受けるタイプとなります。
分割融資型の教育ローンでは入学時に必要となる費用を融資して、その後は指定月などに融資を受けることができるというのが一般的です。
融資を受けることができる限度額の範囲内であれば何度でも繰り返し融資を受けることができるものもあれば、年間で融資を受けられる回数が決まっているものもあります。
一括で融資を受ければ当然その分まとめて金利がかかるわけですし、当面不要な費用も振り込まれるということになりますが、
分割融資であれば、必要な時に必要な分だけ融資を受けられるので無駄な借り入れはないというふうにも考えられますね。

カテゴリー: コラム | タグ: , , , , | コメントは受け付けていません。

八千代銀行の教育ローンについて

教育ローンを扱う銀行というのはたくさんありますが、例えば八千代銀行というのもその一つ。
普段から八千代銀行をメインバンクとして利用しているという方であれば教育ローンの借り入れも八千代銀行からという方は多いでしょうね。
八千代銀行が扱っている教育ローンには二種類あります。
一つは証書貸付型の「満点くんネクスト」、もう一つは当座貸越型の「枠わく満点くんネクスト」です。
当然それぞれに利用の条件などが異なっていますので、利用する時にはどちらか適した方を検討するということになりますね。
証書貸付型の場合は最低10万円から最大500万円まで、借り入れの期間は最長10年間となります。
当座貸越型の場合は最低50万円から最大は同じく500万円まで、借り入れは一律で10年となります。
証書貸付型の場合だと最初に一括して融資を受けることとなりますが、当座貸越型の場合は5年間は限度額の範囲内で何度でも借り入れが可能です。
また、この2つのタイプ両方をセットにして借り入れることもでき、限度額を合算できるので最大1,000万円までの借り入れが可能となります。
どちらの場合も金利については変動金利型のみとなっており、実際の金利は審査によって2段階のどちらかが適用されます。

カテゴリー: 金融機関・銀行 | タグ: , , , , | コメントは受け付けていません。