教育ローンと日本学生支援機構の奨学金

高校や大学、あるいは専門学校などへ子供を通わせるとなると、当然それなりのお金が必要になってきます。
しかしこんな時代ですから、子供の教育費を捻出するというのもなかなか大変なことでしょう。
そこで自力で教育費を用意できないという方が利用するのが教育ローンであったり奨学金ということになるかと思います。
実際借りるとなった場合この教育ローンと奨学金とはどういう違いがあるの?という方も多いのではないでしょうか。
どちらも借りるとなるとまずは国の教育ローンか国の奨学金ということになるかと思います。
国の教育ローンというと日本政策金融公庫の教育一般貸付で、奨学金は日本学生支援機構というところになるでしょう。
なんとなく似たような名前なので紛らわしいかもしれませんね。
日本学生支援機構の奨学金というのは基本的に学生本人が借りて本人が返済するものです。
日本学生支援機構から借りた奨学金を大学などを卒業した後に就職するなどして返済していくというわけですね。
教育ローンの場合は本人ではなく親など保護者が借りるものであり、返済するのもその保護者ということになります。
日本政策金融公庫の教育ローンと日本学生支援機構の奨学金にはこのような違いがあるわけですね。

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

カテゴリー: 教育機関・施設 タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク