教育ローンが借りれないケース

大学などへの進学のために教育ローンの借り入れをしたいとお考えの方は多いかと思いますが、
教育ローンというのも当然返済をする必要があるわけであって、国にしろ金融機関にしろ返済のあてがない様な人だと貸してくれないわけです。
ですから、申し込めばだれでも借りられるとは限らず、借りれないというケースもあり得るわけですね。
借りれないケースとして考えられるのはやはりまず収入が少なすぎるというケース。
基本的には収入が少ないからこそ教育ローンを借りて子供を進学させたいということなわけですが、
あまりに収入が少ないようだと借りたローンの返済ができないので、借りれないということになります。
収入の条件は金融機関によって異なりますが、だいたい年収150万円以上あれば借りられるところが多いでしょう。
逆に国の教育ローンの場合だと年収が多すぎると借りれないというケースがあります。
国のローンはあくまでも収入が少なくて困っている方の助けとなるローンということなわけですから、
一定以上の年収があるような方の場合はその必要がないということで条件外となってしまいます。
また、他に借金がある方であったり過去に金融事故などがある方の場合も借りれない可能性がありますね。

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

カテゴリー: コラム タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク