山梨中央銀行の教育ローンについて

山梨中央銀行で教育ローンの借り入れを検討しているという方もいるかと思いますが、
山梨中央銀行の教育ローンには二種類ありますのでどちらを選ぶか検討する必要があります。
山梨中央銀行が扱っている教育ローンは「証書貸付型」のものと「当座貸越型」の二種類となります。
それぞれで条件が異なりますので良く確認しておきましょう。
まず証書貸付型の方ですが、こちらは幼稚園から大学までの各種学校などの学費として利用することができ、
融資金額は最大1,000万円までとなっています。
融資機関は元金返済据え置き無しの場合で7年以内、ありの場合だと13年6ヶ月以内となります。
金利タイプは変動金利か固定金利のどちらかを選択可能となっており、返済方法は元利均等毎月返済のみとなります。
一方の当座貸越型の場合だと利用できるのは大学、短大、各種専修学校等のみとなり、
融資金額は最大で500万円までとなっています。
融資機関は最長で14年6ヶ月となります。
金利タイプは変動金利型のみとなっているので固定金利は選択できません。
返済方法は据置期間中は毎月利息のみの支払いで、据え置き期間終了後は元利均等毎月返済となります。
それぞれの条件のどちらが良いかよく検討しましょう。

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

カテゴリー: 金融機関・銀行 タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク