学生が借りる教育ローン?

大学などに進学するための資金がないということで、国やお金に借りるという方が増えているようですが、
そうなった時に借りる方法というと奨学金や教育ローンというものが思い浮かぶかと思います。
同じようなものというイメージもありますが、この奨学金と教育ローンというのはどういった違いがあるのでしょうか。
基本的に奨学金というのは学生が借りるものであり、教育ローンは親など保護者が借りるものとなっています。
学生が借りる奨学金は大学などを卒業後に就職して自分で返していくことになり、
教育ローンの場合は親が借りて親が返済していくということになりますね。
そして教育ローンというのは学生が借りることはできないようになっています。
一見同じように見えますがこのような違いがあるわけですね。
そこで、例えば社会人の方が会社を辞めて大学に通いたいなんていうことになった場合、
学生本人が借りるということになると借りられない可能性があります。
例えば国の教育ローンの場合は学生やアルバイトの方などは借りることができないようになっているので、このようなケースでは借りられないということになります。
銀行などの金融機関の場合であれば前年の年収など一定の条件をクリアすれば利用できる場合もあります。

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

カテゴリー: コラム タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク