国の教育ローンの連帯保証人について

子供の学費のために教育ローンの借り入れを検討しているという方も多いかと思います。
やはり教育ローンを利用するとなると金利の心配もあるでしょうから、
金利の低い国の教育ローンである日本政策金融公庫の教育一般貸付というのが一番の候補になるのではないかと思います。
国の教育ローンを利用するとなると必要となるのが連帯保証人ですね。
連帯保証人は借り入れをする方と連帯して債務を負うことになる人というわけですが、
連帯保証人にできる人は誰でも良いというわけではありません。
連帯保証人にできる人としては原則として別居・別生計の人ということになっています。
つまりは一緒に住んでいる人はダメなわけですから、妻を連帯保証人にしたりということはできないということになりますね。
もし誰も頼むことができる人がいないということになると国の教育ローンである日本政策金融公庫の教育一般貸付は利用することができないとうことになります。
銀行など一般的な金融機関の教育ローンの場合であれば、連帯保証人は必要ないということも多いですから、
どうしても頼める人がいないということであれば、そういった選択肢を検討するというのも一つの方法になるかと思います。

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

カテゴリー: 教育機関・施設 タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク