教育ローンと明治安田生命の学資保険

子供ができたら、やはりその子供の将来のことも考えなければいけませんね。
子育てにはなにかとお金もかかるものですが、特にお金がかかるのが教育費ではないでしょうか。
最近は教育費用を捻出するのか大変ということで教育ローンなどを利用するというご家庭も多くなっています。
教育ローンというのは基本的に借金と同じことですから、利息を付けて返済しなければいけません。
つまり実際に必要な費用以上の金額を払わなければいけないということになります。
それはもったいないというのであれば例えば明治安田生命の学資保険などを利用するのも一つの方法です。
学資保険は子供が小さいうちから計画的に積み立てていくことで、大学の入学時などに払った保険料以上の金額を受け取ることができます。
明治安田生命の場合は「こどものほけん」という名前の学資保険となっています。
この明治安田生命のこどものほけんではお子様が0歳から6歳までの範囲で契約をして18歳か22歳を満期として受け取ることになります。
教育ローンのように資金が必要となった時に借り入れをするのか、
まだ子供が小さい段階から学資保険のような形で少しづつ準備を始めていくのか考えなければいけませんね。

カテゴリー: 学資保険・生命保険 | タグ: , , , , | コメントは受け付けていません。

農協の教育ローンの審査について

教育ローンというと一般的には低金利な国のローンである日本政策金融公庫の教育一般貸付や、
あるいは銀行の教育ローンというのが多いですが、
他にも例えば農協の教育ローンというのもありますね。
農協の会員の方でなければ利用することができないローンではありますが、
当然利用するためには組合員の方であっても審査があります。
他の銀行などのローンの場合でもそうですが、農協の教育ローンにしてもボランティアで貸してくれるわけではないのですから、
きちんと返済してくれる方でないと貸してはくれないわけですね。
ですからちゃんと返済ができるだけの経済的な能力があるのかどうかを審査することになります。
審査では年収であったり勤続年数であったりという部分を見られることになりますが、
JAの組合員が対象ということもあってか審査自体は銀行などの一般的な教育ローンと比較するとそれほど厳しいわけでもなく、
余程のことがない限りは問題なく通るのではないかとされています。
現在すでになんらかの借り入れがあるであるとか、過去に借り入れをして金融事故を起こしたことがあるだとか、
そういったことがないのであれば、特に心配するようなことはないのではないでしょうか。

カテゴリー: 金融機関・銀行 | タグ: , , , , | コメントは受け付けていません。

同志社大学の教育ローンについて

これから大学に進学しようというお子様がいるご家庭の中には、
その入学金や授業料の支払いが厳しいというご家庭も多いのではないでしょうか。
例えばこれから同志社大学への入学を控えているという方の場合もあるかと思いますが、
入学金や授業料の支払いが経済的に苦しいということであれば教育ローンを利用するという選択肢もあるかと思います。
大学というとこういった教育ローンではどこかの金融機関と提携しているということも多いですが、同志社大学の場合はどうでしょうか?
同志社大学のホームページを見てみると学費のページにはそういった金融機関との提携した教育ローンというのはないようです。
日本政策金融公庫のいわゆる国の教育ローンである教育一般貸付に関しての案内はされているようですね。
案内がされているだけなので、特に同志社大学だからということで何らかの制度などがあるわけでもないようです。
もちろん教育ローンを利用するにあたってどこの大学かというのは特に関係があるわけではないですから、
国のローンはもちろん銀行などが扱っている一般的な教育ローンを利用することも可能です。
もちろん金利が低いのは国のローンですから、それが利用できれば一番良いでしょうね。

カテゴリー: 教育機関・施設 | タグ: , , , , | コメントは受け付けていません。

教育ローンと住友生命の学資保険

お子様がいるご家庭では、そのお子様の教育費というのもよく考えなくてはいけませんよね。
最近は特に不景気ということもあってなかなか子供の教育費用を捻出できないという家庭も多くなっているようです。
住友生命の教育費用はどのくらいかかるのか?というサイトを見てみると、
幼稚園から大学まですべて公立で800万円、すべて私立で2000万円以上かかるとされています。
しかしだからといって教育を諦めるということもしたくないですから、なんとかして教育費用を用意しようということになりますよね。
そうなると教育ローンを借り入れしようという方も多いのではないでしょうか。
ただし教育ローンというと要は借金と同じですから、金利がついてくるので利息を払わなければいけないというのは結構つらいかもしれませんね。
教育ローン以外の選択肢ということになれば住友生命の学資保険なんていう方法もあるでしょう。
住友生命の学資保険は貯蓄型の学資保険であり、保険料を払い込んで積み立てていくことによって大学入学時や卒業時に満期となって保険金を受取ることができるというものです。
支払った金額よりも多くの金額を受け取ることができるわけですから、教育ローンとは逆になりますね。

カテゴリー: 学資保険・生命保険 | タグ: , , , , | コメントは受け付けていません。

国の教育ローンの連帯保証人について

子供の学費のために教育ローンの借り入れを検討しているという方も多いかと思います。
やはり教育ローンを利用するとなると金利の心配もあるでしょうから、
金利の低い国の教育ローンである日本政策金融公庫の教育一般貸付というのが一番の候補になるのではないかと思います。
国の教育ローンを利用するとなると必要となるのが連帯保証人ですね。
連帯保証人は借り入れをする方と連帯して債務を負うことになる人というわけですが、
連帯保証人にできる人は誰でも良いというわけではありません。
連帯保証人にできる人としては原則として別居・別生計の人ということになっています。
つまりは一緒に住んでいる人はダメなわけですから、妻を連帯保証人にしたりということはできないということになりますね。
もし誰も頼むことができる人がいないということになると国の教育ローンである日本政策金融公庫の教育一般貸付は利用することができないとうことになります。
銀行など一般的な金融機関の教育ローンの場合であれば、連帯保証人は必要ないということも多いですから、
どうしても頼める人がいないということであれば、そういった選択肢を検討するというのも一つの方法になるかと思います。

カテゴリー: 教育機関・施設 | タグ: , , , , | コメントは受け付けていません。